手間もコストもかかるオフィス移転は専門業者にお願いしよう!

手間もコストもかかるオフィス移転は専門業者にお願いしよう!

オフィス移転にはコストがかかる

オフィス移転にはさまざまなコストがかかります。新しいオフィスの敷金や仲介手数料、前払い家賃などを契約日までに支払います。また移転するまでには、内装や間仕切りをして業務を行うための環境作り、電気や電話そしてLANケーブルなどインフラ整備費がかかります。オフィス家具やOA機器などは現在使っているものをそのまま使えるとは限りません。新しい物を追加購入を行ったり、今まで使っているものも運び出す運搬費用や書類を運び出すための費用も掛かります。古いデスクや椅子、ロッカー、他にも不要なものを処分する廃棄物処分料や現在使っているオフィスを明け渡すための原状回復費用は契約したときに支払った敷金から差し引かれます。

専門の業者に頼んで手伝ってもらえる

オフィスを移転するときには、一般家庭用の引越し業者ではなく、オフィス移転専門の業者に依頼すると安心です。専門業者には、独自のノウハウを持っています。一般家庭とは作業方法が異なり、使う資材や緩衝材なども違うものを使います。一般家庭用の引越し業者の中には、引越し方法が異なることからオフィスの移転は断ってくる業者も少なくありません。できる限り選ばれないようにと見積もりを高めに設定するところもあるため、はじめから専門業者に依頼するとスムーズに進めていくことができます。

自社のスタッフでオフィス移転or業者に頼む

スタッフで出来る作業

オフィス移転は一般家庭の引越しと違って社員だけで行うことは難しいです。それでもスタッフができる作業として、書類の梱包作業やパソコンとその周辺機器の取り外しなどは行うことができます。

業者を一本化するのか分けるのかを決める

業者に依頼する部分と社員で行うことをはっきりしておくことがポイントとなります。曖昧にしておくと業者へ見積依頼するときに、料金に含まれない見積もりを作成されていまうことがあるため、見積もり依頼をする前にはっきりさせておく必要があります。業者をそれぞれわけるのか、それとも纏めて一本化させるかによって準備や当日の対応が異なってきます。

広告募集中